ABOUT

高地トレーニング

HIGH ALTITUDE TRAINING

いつ、だれでも通えるスタジオ

高地トレーニングを日常に。
ハイアルチはいつ、だれでも通えるものとして、一般の方向けに運動不足、健康促進やダイエット、運動パフォーマンスの向上などの目的に効果的なスタジオです。

高地トレーニングとは、人間の環境への適応能力を活かしたトレーニング方法です。
高地環境では、酸素濃度が薄く酸素を取り込みにくくなり、「血中の酸素濃度」が低下。
その結果、体内の細胞が無意識で活性化されます。
この人間の適応能力を活かした環境が整ったスタジオ、ハイアルチ西麻布が誕生。

ハイアルチとは

About

富士山5合目と同程度の酸素濃度

「ハイアルチ=High Altitude(高地環境)」
標高2,500mの山、富士山5合目と同程度の酸素濃度の違う別世界。新感覚、効率型の高地トレーニングスタジオ™。
さらにハイアルチ西麻布では日本初・標高3500mの空間でのパーソナルトレーニングのプログラムも準備。

30分歩くだけで2時間分®の運動効果

高地環境では、カラダが低酸素環境下に順応しようとし「ミトコンドリアの活性化」「心拍数の向上」「心肺機能の強化」など無意識で変化が起こるため、普段と同じ運動量で約4倍のカロリー消費が期待できます。
科学的な面からダイエット、アンチエイジング、筋力アップなどさまざまな目的に効果を発揮。
運動が長続きしない、激しい運動が苦手、効率よく運動をしたい」そんな方にピッタリなのがハイアルチ。

3大キーワード

3 KEYWORD

Spo2

「血中酸素濃度」 平常時は95~99%。アスリートでもどんなに激しい運動しても下げることが難しい。ハイアルチの運動では容易に低下させることができ、様々な目的に対して最高の運動効果が発揮できます。運動中は一人ひとり数値を測定しながら安全に行います。

EPOブースト™

エリスロポエチン(EPO)は血液中の赤血球の増加を促す造血因子。貧血防止や血流の改善などに役立ちます。ハイアルチの運動はEPOを体内で作り出すので、酸素の取り込みや運搬がスムーズに働くことで心肺機能が向上します。日常生活での疲れにくい、持久力の高いカラダ作りにも最適です。

ミトコンドリア

ミトコンドリアは、糖や脂肪をエネルギー源として熱を生み出し、体温を維持しています。ハイアルチは独自のスタジオ環境からミトコンドリアが活性化(ミトファジー®)増殖することで、脂肪燃焼効率があがります。またアンチエイジングの効果まで期待できます。